正しく知ろう次亜塩素酸水と空間除菌

正しく知ろう次亜塩素酸水

新型コロナウイルスが感染を拡大している中、次亜塩素酸水に関する商品が多くあります。

しかし中には効果効能がないにも関わらず、空間除菌ができると根拠のない商品にご注意ください

厚生労働省では次亜塩素酸水を消毒剤として認めてません。

消毒剤として認めているのは「次亜塩素酸ナトリウム(ハイターなど)」「アルコール」です。

次亜塩素酸水は食品添加物で、主にノロウイルスによって食中毒を予防する為に食品の中に使用します。

国立医薬品食品衛生研究所の食品衛生管理部のデータによると次亜塩素酸水は200ppm以上の濃度により、ノロウイルスの不活性化に有効と報告されてます。

インフルエンザやコロナウイルスは膜を持っているため「次亜塩素酸ナトリウム・アルコール」でその膜を破壊することができます。

次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムの次亜塩素酸が入ってますので、の消毒は有効と言われてます。

しかし、次亜塩素酸水は製造日から少しずつ効果が薄れていくので、製造日から近い日をお選びいただき、早めに使い切ることをおすすめします。

 

次亜塩素酸水・消毒剤による空間除菌

結論から申し上げますと、医療機関では空間除菌という概念はありません

例えば、密閉されていない状態で空気中に消毒剤を撒いたところで、空気は常に循環をしているためウイルスが死滅することはありません

どうしてもその空間に消毒をしたい場合、ある一定以上の濃度と密閉の条件が求められます。そうすると菌やウイルスは死滅しますが、その高濃度の消毒剤によって人体にも健康被害が生じます。

病院や医療施設の無菌室は特殊なフィルターがあり、そのフィルターによってウイルスをろ過をしてます。

病院や医療施設では空気中に消毒剤を撒いて空間除菌をするなど医学ではありえません

 

まとめ

次亜塩素酸水や消毒剤を容器に入れて空気中に撒く行為または加湿器を利用しての空間除菌では効果がない。場合によっては健康被害が生じる恐れがあります。

首にかけるタイプの空間除菌も根拠がなく、景品表示法に違反(同法第5条第1号(優良誤認表示)に該当)するおそれがあることから、5事業者に対し、再発防止等の行政指導されてます。
商品によっては小さく「密閉空間において」と書いてます。

>>携帯型の空間除菌用品の販売事業者5社に対する行政指導

○○矯正・○○ダイエットの効果はあるの?嘘・本当?

前の記事

肥厚爪の症例紹介